秀逸ネタ満載!エイプリルフール特集

秀逸ネタ満載!エイプリルフール特集

4/1はエイプリルフールと言うことで、
サッカー界でも各クラブならでは面白ジョークが発表されていました。

僕が個人的に面白かったと思うものをご紹介します!

観客席が”お風呂”に!?

Jリーグ前年チャンピオンの川崎”風呂”ンターレ
優勝賞金を大掛かりなスタジアム改修に充てていたようです。
こんなデカ風呂に入りながら観戦なんて子供ウケ最強だと思います。のぼせないように注意ですね!

川崎フロンターレは、Jリーグが毎年行っているスタジアム観戦者調査で「地域貢献度」が7年連続1位。
お客さんを楽しませる演出やプロモーションでも日本一と言うことで、さすがの一撃です。

飛んでいった蓋はどこに行くのか!?

禁断の玉突き移籍!?

昨年のカップ戦二冠、今年の優勝候補の一角、セレッソ大阪のエース柿谷選手がバスケへ転身!
さらにオリックス・バッファローズのエース金子投手がセレッソへ移籍!
そしてさらにエヴェッサ大阪(Bリーグ)の橋本選手がオリックス・バッファローズへ移籍!!

同じ地域のスポーツチームのエースが総入れ替えという前代未聞の事件です。
さすが柿谷選手、バスケも似合うな…「俺に手を使わせたら…」と言う文末もらしさ全開です。

実はこれ、大阪エヴェッサ、オリックス・バファローズ、セレッソ大阪、大阪市を拠点にするプロ3チームと大阪市による舞洲プロジェクトのPR。
野球、サッカー、バスケットボールを一緒に盛り上げようという活動は、福岡もとても勉強になるところがあるのではないでしょうか。

海外編:あの選手が銀河系軍団に!?


(写真:Ana Borralho/Portimonense)

ポルティモネンセのMF中島翔哉選手は初挑戦のポルトガル1部リーグで9得点7アシストを記録、
先週の日本代表デビュー戦で初ゴールを決めるなど、今まさに注目すべき日本人アタッカーです。

現地時間4/1付けのアルガルベの地元メディア「Sul Informacao」が、
「ナカジマは2000万ユーロ(約26億円)でジダンのチームへ行く」と報道。
ジダンのチームとはまさしく「レアル・マドリード」のことです。

同サイトはのちに「ナカジマのレアル・マドリード移籍の情報は4月1日のジョーク」という記事を更新。
ジョークとはいえ、現地での活躍のインパクトと期待値の高さが感じられます。

中島選手はまだ23歳。6月のW杯にジョーカーとして日本代表に選ばれるのでは?と期待も高まっています。
もしそこで活躍すれば、来期には本当にマドリー移籍、クリスティアーノ・ロナウドとスタメン争い!?
なんてことも夢ではないですね!

ぜひ、アビスパ福岡も来年に何かやって欲しいな!
そんなお話でした!