第7節 アビスパ福岡 vs 栃木SC

第7節 アビスパ福岡 vs 栃木SC


2018年4月1日(日)14:00KO レベスタ
アビスパ福岡 2 – 1 栃木SC
[GOAL]
2′ ドゥドゥ(福岡)
7′ ドゥドゥ(福岡)
33′ 服部 康平(栃木)

前半に奪った2点を守りきり福岡が4試合ぶりの勝利。一方栃木は4試合ぶりの敗戦となった。

レビュー

ここ3試合で2敗1分の勝ち点1。ホーム凱旋で絶対に落とせない一戦でした。
フォーメーションも前節までの「3-5-2」から「4-4-2」に変更。山瀬選手が今シーズン初先発、ゲームキャプテンも務めました。
そして怪我で戦列を離れていた枝村選手、ユインス選手がベンチに入っています。
怪我人が徐々に戻って来ているのは嬉しいニュースです!

ゲームは序盤から序盤から動きます。
前半2分 自陣からの素早いリスタートから相手の隙をつきドゥドゥ!
前半7分 FKからのこぼれ球を押し込んだドゥドゥ!!
開始7分で2-0というテンションブチ上がりの展開に。

しかし、 CKからのポジション争いが原因で相手選手が一発退場、
その直後に岩下選手がペナルティエリア内のファールで退場、
あっという間に10対10の展開になってしまいました。

この後も球際での激しい奪い合いでファールが連発。
一人少ない状況、そしてこの暑い気候も重なってタフな試合になりました。

後半は栃木が得意のセットプレーで攻め込むものの、
なんとか守りきって4試合ぶりの勝利…ホッとしました…

スタッツです。

アビスパ福岡 2-1 栃木SC
49% ボール支配率 51%
14 シュート 12
14 ファウル 11
3/1 イエローカード/レッドカード 2/1

お互いのコンタクトがとても激しい印象でした。
ファール数が両チーム2ケタ、カードも全部で7枚も出ています。

HIVE的ファインプレー

立ち上がりの前半2分、
自陣で受けたファールから鈴木惇選手とドゥドゥ選手が一瞬のスキをつく!
2点目のFKからのゴールにしかり、
チームでの攻撃のコンビネーションが少しづつ良くなっているのを感じます!
今後もどんなトリックプレーを見せてくれるのか、FKとCKは注目です。

今週のMVP

試合終了後に2012年シーズンから6年間、
アビスパ福岡で活躍されていた坂田大輔選手の引退セレモニーがありました。


アビスパ福岡公式サイトより拝借)


多くの方が週末に「サカティーありがとう!」というつぶやきを残しています。
サカティーがどれだけファンに愛されている選手だったかわかりますね…

先発でも途中からでも、常に自分の仕事をひたむきにこなす姿勢。
何かやってくれんじゃねえか!?っていうワクワク感。
坂田選手のチャントも、一番好きでした!

素晴らしいスピーチでした。
サカティー、本当にありがとうございました!!!

次節の試合予定

2018年4月8日(日)14:00KO ニッパツ
vs 横浜FC

上々の4月スタートを切ったアビスパ福岡。
ここから連勝して波に乗って行こう!