第16節 水戸ホーリーホック vs アビスパ福岡

第16節 水戸ホーリーホック vs アビスパ福岡


2018年5月27日(日)14:03KO K’sスタ
水戸ホーリーホック 0 – 2 アビスパ福岡
[GOAL]
54′ ドゥドゥ(福岡)
59′ 鈴木 惇(福岡)

水戸とのアウェー戦を体を張った守備で完封勝利。これで3位に浮上した!

レビュー

5月最後の週末でした。早いですねー!!
みなさまどのようにお過ごしでしたでしょうか?

我らアビスパ福岡は2試合連続でアウェー戦ということで寂しい週末でしたが、
土曜日は福岡フットボール映画祭2018があり、
日曜早朝にはチャンピオンズリーグ決勝もありました。
私は世界のフットボールでお腹いっぱいな週末でした!

ということで日曜日に行われた水戸とのアウェーゲーム、スタメンが少し変わっています。
センターバックに岩下選手に代わって堤選手、サイドにユインス選手とエウレー選手が入っています。
この両選手に関して注目なのは、得意とするサイドとは逆に配置されているんですね。(ユインス選手は右利き、エウレー選手は左利き)
最近の特徴ですが、相手の動きに合わせて左右をコロコロ入れ替える傾向があります。この試合もその作戦が功を奏すのか注目です。

アウェーだろうと構わず先制攻撃をかましてくれるだろうと思いきや、
前半メッタ打ちにされるアビスパ福岡(!!)

ボールを奪うところ、奪ってからの速攻、この辺りが完璧に水戸の作戦にハマってしまったなという感じがしました。
しかし作戦通りいかなかったところは福岡は一点も奪われなかったこと。

その流れが後半福岡に傾き、ゴール前の混戦からドゥドゥ選手が確実に流し込む!
そしてその5分後に鈴木惇選手の華麗なFKで追加点!

少ないチャンスをものにして、あとはしっかり時間を使いながら確実に勝利。
90分のうちほとんどの時間相手に支配されていましたが、これでも勝ち点3。アウェーで十分すぎる結果だと思います。

前節でも書きましたが、本当に守備に気持ちが入ってて、
最後まで無失点への集中力が高かったです。誰が出ても安定感を感じます。
特に83分の堤選手のプレーには強い気持ちを感じました!


一番キツイ時間帯でこの気合の入ったブロック。。

HIVE的ファインプレー & MVP

再び魅せてくれれました…鈴木惇選手!
相手GKの読みの逆をつき、ボールはサイドネットに!

水戸は1点を奪われ、「今から取り返そう!」というところでのこのゴール。精神的にも勝負を決める大きなゴールでした。

レノファ山口戦での鈴木惇選手のFK

次節の試合予定

2018年6月2日(土)14:00KO レベスタ
vs 徳島ヴォルティス

アウェー連戦のあとは、3試合ぶりのホーム凱旋!
攻撃陣も好調ですが、安定した守備陣にも注目してください!

※記事内の画像、動画は『DAZN』の許諾を得て使用しています