第35節 アビスパ福岡 vs 大宮アルディージャ

第35節 アビスパ福岡 vs 大宮アルディージャ


2018年9月29日(土)18:00KO レベスタ
アビスパ福岡 3 – 1 大宮アルディージャ
[GOAL]
1′ 城後 寿(福岡)
48′ 大前 元紀(大宮)
71′ 城後 寿(福岡)
84′ 山瀬 功治(福岡)

キング城後!そして山瀬!ベテランの活躍で上位対決を制し、4位に浮上した。

レビュー

今週末、全国各地で台風の被害を受けました。
福岡は影響が少なかったのですが、Jリーグでも数試合が延期が発表されています。

今年は天災による試合延期が本当に多いですね…
自分の記憶ではこんなに開催中止・延期が多いシーズンは初めてです(悲)

「待っているのは最高の週末だ!」
という言葉を思い出しました。(昨シーズンのスカパー!のキャッチコピー)
俺らの最高の週末を奪うな台風のバカヤロー!!と叫んだ次第であります。

ではでは絶対に負けられない上位対決、大宮アルディージャとのビッグマッチのレポートです。

かなり面白い布陣になりました。
ドゥドゥ選手が出場停止のため、トップにはなんと”キング”城後選手が約2ヶ月ぶりに先発!
中盤は左に枝村選手(!?)本職はボランチの選手ですが、果たしてどのような形で中盤が構成されるのか?

試合開始ー!と言ってる間にいきなり決まるー〜!!!!

開始1分、中盤での競り合いから流れてきたボールに反応したのはこの男、キング城後!
右足から放たれた鋭いボレーがサイドネットに突き刺さり福岡が先制。
ファーストシュートでこの一撃。凄まじい集中力です。

そこからは上位対決らしい、攻守に激しい展開が続きます。
特に福岡の右サイド、駒野選手と大宮の要注意人物マテウス選手のマッチアップは、とても見ごたえがありました。


37歳でこのフェイクは半端ないって

両チーム激しく攻め合いながら後半へ
早々にその要注意人物、マテウス選手を起点に同点ゴールを決められます。

一気に畳み掛けたい大宮がペースを掴んで攻め込むもGK杉山選手がセーブ連発。
福岡もセットプレーからチャンスを迎えるも大宮GKもセーブで応酬。

GKのファインセーブがグッと試合を締めてくれます。
ゾクゾクする展開で私のテンションは最高潮。

高い集中力を保ったまま終盤へ、再びこの男がゲームを変えた!!

石津選手のシュート気味のグラウンダーパスに飛び込んだのはキング城後!

勝ち越しに成功した福岡はさらにレオミネイロ選手のシュートを山瀬選手が押し込みダメ押し!
そのままゲームはタイムアップ。

前試合の京都戦から中2日、ケガ人も少なくない中でベテランの活躍はとても明るい材料です。
J1昇格を果たした2015年シーズン、レギュラーの選手だけでなく途中出場選手がことごとくゴールを決めて上昇気流に乗った時の雰囲気と似ています。

そして直近4試合で12ゴール!
これは次節もゴールラッシュの期待大ですね。

HIVE的ファインプレー

ここは文句なし、FW城後選手!

魂の2ゴールはもちろんですが、試合終了と同時に倒れ込んだ姿にはグッときました。
この試合にかける気持ちを感じたシーン。あんたやっぱキングだよ!涙

次節の試合予定

2018年10月6日(土)14:00KO レベスタ
vs ファジアーノ岡山

勝負の9月を3勝2敗2分で終えた福岡。
正直いうともう少し勝ち点を伸ばしたかったところだが、今の勢いを続ければ逆転Vも十分あり得る!
ホーム連戦でしっかり勝利を掴みたい!

※記事内の画像、動画は『DAZN』の許諾を得て使用しています