第36節 アビスパ福岡 vs ファジアーノ岡山

第36節 アビスパ福岡 vs ファジアーノ岡山


2018年10月6日(土)17:00KO レベスタ
アビスパ福岡 1 – 1 ファジアーノ岡山
[GOAL]
20′ 城後 寿(福岡)
45+4′ ジョン チュングン(岡山)

昇格のために互いに負けられない試合は1-1のドロー。福岡は首位との差を詰めれず勝ち点5差にとどまった。

レビュー

秋の行楽日和、ワクワクウキウキ3連休!と言いたいところでしたが、またも台風が…
早朝から窓がガタン!ガタン!すごい音で目が覚めて、寝れませんでした…

台風バカヤロウ!

今節はその影響で、キックオフの時間が14:00→17:00に変更になりました。
相手はファジアーノ岡山、前回の対戦が劇的かつ壮絶な死闘だったのでよく覚えています。

強固な守備からの推進力の強いカウンターには要注意。
そして、福岡は首位と勝ち点差5、岡山は昇格プレーオフ圏まで勝ち点差11、
どちらも負けれることは絶対に許されない、という状況です。

ということで今回も激戦が予想されるこのゲーム、スタメンです。
出場停止からドゥドゥ選手が復帰、前節に引き続き最前線にキング!城後選手が出場。
今節も複数得点に期待です。

開始から圧倒的に攻める福岡。
鈴木惇選手のFKがポストを叩いたのを皮切りに、ハイプレスでボールを奪ってからの速攻で、相手陣内でゲームを進めます。

勢いそのままに先制点を奪ったのは福岡。
前半20分、ドゥドゥ選手のクロスからヘディングで合わせたのはまたしてもキング城後!!

久藤 清一コーチとの個人練習の成果がまた出ましたね。DFの背後からスッと入っていくという練習どおりの形でした。

試合前からここを狙って練習をしていたそうです。見事なゴールでした。

よしよしこっから一気に畳み掛けて圧倒だ!と思いきや
ここから後半15分ぐらいまで、ずう〜っと岡山が試合を圧倒します。

もっとも目立ったのは岡山のFW ジョン チュングン選手。
味方選手の負傷交代によりジョン選手が途中出場してから、完全に試合の流れが変わりました。
岡山は福岡のGKとDFラインの間にボールを放り込み、それをスピードとフィジカルの強いジョン選手が追いかける、競る。
時にポストプレーで味方を活かす。ジョン選手、荒削りな部分もありますがまあ〜強いですね。

前半ロスタイムの岡山のゴールも、まさにその形でのゴールでした。

元・岡山所属、篠原選手も試合後このコメント↓

ジョン チュングン選手が交代で入ってきたあたりから、相手のクリアパスというか、ボーンと蹴ってくるボールに押し込まれてしまいました。
相手のロングボールが多くなったときはチーム全体としてラインを下げなければいけませんでした。そこがうまくいってなかったので、セカンドボールもほとんど相手に拾われてしまいましたから、特に前半は、ですね。

しかし後半も15分を過ぎたあたりから、自力で勝る福岡が徐々に岡山を押し込んでいきます。

石津!
レオミネイロ!!
ドゥドゥ!!!

ハイライトを見てもらえばチャンスは幾度となく作った福岡でしたが、とにかくボールが枠に飛ばなかった…

1-1のまま試合はタイムアップ。
両チームあと一発が出ず悔しい痛み分けとなりました。

HIVE的ファインプレー

試合後になかなか珍しいシーンが。
んん?真ん中に白いシャツ(岡山)の選手たちが並んでいる…しかも福岡のスタンドの方に挨拶をしている??

豪雨災害で大きな被害にあった岡山に対し、募金・支援活動に感謝の挨拶をしていたシーンだったようです。

岡山を始め四国・中国・関西の多くの地方で多くの被害を与えた台風、豪雨災害。
僕もサッカーを通して、募金などなんでも支援できることがあったらやらせてもらいたい、と思います。

次節の試合予定

2018年10月13日(土)15:30KO みらスタ
vs レノファ山口

九州ダービー、そして昇格争いのライバルである山口との一戦です!
天気も涼しくなってきて、絶好のアウェー行楽日和なので、福岡からもたくさんの方が応援に行かれると思います。
もう6試合…何度も何度も言いますが全勝!そして優勝を諦めない!!

※記事内の画像、動画は『DAZN』の許諾を得て使用しています