ボールが手に吸い付く!?口コミで広まる新鋭ブランド “RG Goalkeeper Gloves Japan”

ボールが手に吸い付く!?口コミで広まる新鋭ブランド “RG Goalkeeper Gloves Japan”

まずはこの映像をご覧ください。

ボ、ボールが吸い付いている!?
しかも片手…この衝撃的な動画の正体は、

RG Goalkeeper Gloves Japanアールジーゴールキーパーグローブスジャパン というブランドのキーパーグローブだ。

シーズン開幕前、杉山選手のこの写真を見た時に気がついた。

「ん?このグローブなんやろう?」

と気になり、色々と調べた先に出会ったのがこの映像だった。
それからというもの、次々と上がってくる衝撃映像の数々に、どーーーーしても本物を見て見たい気持ちが抑えられず、
この謎のブランドに思いきって連絡をしてみた。すると

あっさり取材OK。
しかも「片手キャッチしてみます?」って。

なんて気持ちのいい方なんだ…
ということでおそらく本邦初公開、新進気鋭のブランド「RG Goalkeeper Gloves」の独占取材を行ってきました!

現在J2リーグで大旋風を起こしているこのグローブ、これからどんどん活躍の場を広げていくと思うので
全国のアビスパサポーター、全国のゴールキーパーの方、必読です! 

新進気鋭のブランド、
「RG Goalkeeper Gloves」ってなんだ!?

お話いただいたのはRG Goalkeeper Gloves Japan代表、廣野 立樹さん。

このグローブとの意外な出会いについて語っていただきました。

RG Goalkeeper Glovesの紹介、
RG Goalkeeper Gloves Japanが誕生した経緯を教えてください。

もう一人RG Japanを一緒にやっている木島がアビスパユースの出身で、現在も佐賀でゴールキーパー(以下GK)専門のスクールをやっていまして。たまたまその縁でキプロスのRG本社代表と繋がったのがきっかけです。

GK COLLEGE 佐賀 Facebookページ

RG Goalkeeper Glovesは立ち上げから5年目の新しいブランドで、正直キプロスってどこなんだ!?どういう偶然なんだ!?というのが最初の印象です(笑)

キプロス:トルコの南、地中海に浮かぶ島国。人口80万人(福岡市が153万人)

そこから日本で流通したいという話になりまして。
最初はやっぱり「そのグローブ、ホントに大丈夫なのか?」という気持ちでしたね。
じゃあ12双、とりあえず仕入れて物を見てみようということになりました。

木島はずっとキーパーで、マニアと言っていいぐらい沢山のメーカーのグローブを使ってきたので、彼に「着けてみてどう?」と聞いたんです。
すると「これはメチャクチャいいぞ!」と。

非常に質が高く、日本には無い新しいGKグローブだと分かり、日本のGKに広めたいと思い本格的に仕入れて販売しようと決めました。
そして2016年末に“RG Goalkeeper Gloves Japan”を発足、販売をスタートしました。

現在はAmazonのみでの販売で展開をしております。

> RG Goalkeeper Gloves Japan 通販ページ

RG Goalkeeper Glovesの最大の魅力はなんですか?


(左:Snaga aqua2017Ver / 中:Aspro 2017Ver / 右:Snaga black)

まずはFix Fit(フィックス フィット)です。
グローブの中の指先の腹の部分に位置するところにジェルをコーティングすることで、ボールをキャッチするときに中ずれしない安定感を生んでいます。
ユーザー様からも「この感覚は他にない!」という声を多くいただいております。それに加えて、フィット感も優れています。

そしてグリップ力です。
SNSで多くの方にシェアしていただいた「ワンハンドキャッチ動画」、これを見ていただければよくわかると思います。
実際の試合で片手で取るなんてことはほぼ無いですが…何度もワンハンドキャッチをすると、親指を怪我するかもしれないので真似されないようにお願いします(笑)

あとは耐久性ですね。細かい部分もこだわっています。
例えば手首のバンドの部分、だいたい一般的なグローブは上下を縫う2ステッチなのですが、 RG Goalkeeper Glovesはそこに斜めの縫いを加えて3ステッチにしています。

これによりより高い安定性と耐久性が生まれています。
こだわっている部分はまだまだ言い足りないんですが…これら全部が総合的に質が高いです

一般的なGKグローブより若干高めの価格なんですが、本格的に、長くグローブを使い込む方には、とてもオススメなグローブだと思います。

瞬く間に広まったRG Goalkeeper Gloves Japan。
躍進の裏にはあの”元アビスパ福岡 GK”の存在が!

スタートから1年半というスピードでJ2/J3リーグを中心に、なでしこリーグでも多くのプロ選手と契約されています。
どのような営業戦略でここまで広がったのでしょうか?

1年目はやはり知られていないので通販の売上もまだまだ、さらにプロ選手はすでに契約しているメーカーのグローブをつけていたので、契約させてもらったのは2名だけでした。

さあどうしようかという時に、これまた偶然にも元アビスパ福岡のGKで、現在は長野パルセイロGKコーチの水谷雄一さんからfacebookからメッセージをいただいて。
「興味があるので見せていただけませんか?」ということで一双サンプルを送ったところ、
これめちゃくちゃいいですね!何か手伝えることないですか?」と驚きの返事が返ってきました。
結果的に、水谷さんはアドバイザーとして協力していただけることになりました。もうまさかの展開です。


水谷 雄一 氏(現:長野パルセイロGKコーチ)

水谷さんがアドバイザーとして動き出してから、すぐにいろんな選手から水谷さんに直接問い合わせが来たんです。
もちろんこちらからも色々とオファーをかけていた選手もいたんですが、選手側から使いたいと言ってくださるのはびっくりでした。
正直プロ選手は2-3人使ってくれたらいいなと思っていたぐらいだったので…改めてこのRG Goalkeeper Glovesの凄さを思い知らされました。

アビスパ福岡・杉山選手も今季から契約されています。
杉山選手とのエピソードなどあれば、教えてください。

水谷さんを通じてお会いさせていただくことになったのがきっかけです。

その時はサンプルをお渡しして使ってくださいーという感じで終わったんですが、しばらく時間が経って年明けに杉山選手から「今シーズンはRG Goalkeeper Glovesを使いたいです!」という連絡をいただいて。
是非お願いします!と。即答でしたね(笑)。

私たちがこのグローブをどんな人に使ってもらいたいか?っていうのを考えたときに、プレーはもちろんですが、「人柄」っていうのも結構重要なんですね。
杉山選手って一見ワイルドでイカつい感じじゃないですか?(笑)
でも実際会ってみたらめちゃくちゃ優しくて、低姿勢な人で、、もうピッタリだと思いました。
試合も見に行かせていただいたんですが、RG Goalkeeper Glovesをつけてる杉山選手だけをずっと見てました(笑)

もちろん杉山選手だけでなくRG Goalkeeper Glovesを使ってくれる選手みなさんが、素晴らしい人柄で、そしてアツいですね。

これからの日本のゴールキーパー界のために。
RG Goalkeeper Gloves Japanのこれから

今後のRG Goalkeeper Gloves Japanの展開を教えてください。

スタートしてまだ間もないブランドですので、引き続き今のネット販売をしながら、もっと多くの人にRG Goalkeeper Glovesを知ってもらう活動に力を入れてます。

ここまでクチコミで広まったのは、やはりSNSやYoutubeの影響が大きいと思います。

RG Goalkeeper Gloves Youtubeチャンネル

動画のインパクトがすごいので、買ってくれた方がどういう反応をするのか、若干自分たちでハードルを上げてしまって少々不安だったんですが(笑)
結果的には「やっぱりすごい!」という声を多くいただき、自信を持ってオススメできるなと安心しました。
これからもみなさんが面白いと思ってくれるようなネタ考えて、動画アップしますんでぜひ注目してください(笑)

それとこれはまだ一つの夢ぐらいのことですが、行脚の旅に出たいですね!
RG Goalkeeper Gloves
を持って、日本全国の学校を回って、試着会の旅。
SNS
で「今日は◯◯県にいきまーす!使ってみたい人連絡くださーい!」って発信しながら回っていくみたいな(笑)
やっぱりグローブって消耗品なんですよね。
でもネット販売のみなので試着できないし、値段的にも手が出しにくい。なので自分から足を運んで、試着会ができたら最高ですね。
現在でも高校のサッカー部から「試着会してくれませんか?」という依頼はちょこちょこいただいているので、是非実現したいなと思っています。

あと、RG Goalkeeper Gloves Japan主催のGKスクールをしたいですね!

FC岐阜 ビクトル選手の印象に残っている話があるんですが、彼はもう9歳からゴールキーパーコーチがいたらしいです。
それぐらいヨーロッパと日本のゴールキーパーにおける環境が、全然違うんだなと驚きました。

うちの木島も佐賀でGKスクールをやっておりますし、全国には長野・名古屋・熊本でスクールを運営しながら、RGの普及に力を貸してくれる方もおられます。

全国のRG普及活動をサポートしている方々

それを全国にRG Goalkeeper Gloves Japan主催で広げていきたいなと思っています。
プロのGKを講師に招いて、実際に触れ合って、サッカーだけでなく人間性や協調性を育てられるような場所を提供したいですね。

日本のサッカー界、ゴールキーパー界に少しでもプラスになることをやりたいですね。
やりたいことはいっぱいです(笑)

こんなことを聞いてみた

もし世界にひとり自由に契約できるとしたら、誰につけてもらいたいですか?

柏レイソル 中村航輔選手ですね!(笑)
元アビスパということで、ぜひ使ってもらいたいです!

アビスパ福岡の選手で好きな選手はいますか?

やっぱり杉山選手大好きなんですよねー(笑)。

グローブに思い入れが強すぎて、試合中もどうしてもグローブばかりを見てしまう。杉山さんしか見えないです。
アビスパ応援してるのに、PKの大ピンチでワクワクしてるのは、おそらく私だけなんじゃないでしょうか?(笑)

現在J2では1位岡山、2位大分、3位山口に契約選手がいらっしゃいます。そして福岡も今節で7位に浮上。
RG Goalkeeper Glovesが上位独占しておりますが、いかがですか?

開幕前に、これだけの選手が着用してくれること事態が夢のようだったのに、まさかこんなに上位で争ってもらえるとは…信じられません!!

もうこれは「上げグローブ」って言っちゃっていいですよね!?(笑)

今年の順位予想をズバリどうぞ!

1位アビスパ福岡、2位大分トリニータ、3位レノファ山口かファジアーノ岡山かFC岐阜、、、
もうRG Goalkeeper Gloves祭りでお願いします(笑)

本当にボールが吸い付くのか!?

動画でワンハンドキャッチを披露している廣野さんは身長180cm超で、しかも手が8号か9号。
「これ廣野さんだからできるんじゃないですかあ??」という僻みたっぷりの質問にも
「慣れたらHIVEさんもできますよ♪」と爽やかに答えていただきました。
果たして167cmの元ウィングにもワンハンドキャッチできるのか!?

結論:キャッチできた。

5回ぐらい練習すれば手に吸い付く感覚がつかめてきて、簡単につかめることができました!
僕はできませんでしたが、廣野さんぐらいになると下に振り下ろしても落ちません。
片手でこれですから、両手キャッチすると逆に離れないんじゃないかってぐらいがっちりキャッチできます。

それとつけてみて感じたのは、最初に紹介されていた内側のFix Fitのパワーがすごい。
特に指先のあたりは、激しく動かしても手とグローブがしっかりフィットしているのでズレません。

これだけキャッチ力が高いと、普段パンチングで逃げるところを取りに行けたり、ファンブルして相手に詰められる心配がありません。
自信を持ってプレーができるグローブなんじゃないでしょうか。

こんなものをキャッチしてみた

ボールであんなにイケるんだから、他でも結構イケんじゃねえか!?
ということでこんなものをキャッチしてみました。

バナナ。

イケた(笑)

HIVE調べで、87°まで傾けてもバナナは落ちません。
そして、ブルーのグローブとよく合います。

「これはやったことなかったですねー(笑)動画ネタで使えるなー!」

農家の方にもRG Goalkeeper Glovesはおすすめです。

インタビューをして感じたこと

遠く離れた「キプロス」からやってきたこのRG Goalkeeper Glovesと出会った木島さんと廣野さん。
しかしGK College 佐賀という、日本でも数少ないゴールキーパー専門のスクールをやっていなければ、このグローブと出会うことはなかったかもしれない。

日本のゴールキーパー界、特に将来ゴールキーパーを目指す少年たちに、本当に良いものを届けたいという、強い情熱を感じました。

もしかしたら、その情熱が逆にこのグローブを吸い寄せた!?

今シーズンのJ2リーグ、このRG Goalkeeper Gloves Japanが昇格の鍵を握るアイテムなのではないでしょうか!
観戦の際はぜひ「ゴールキーパーの手元」にも注目して見てください。

廣野さん、ありがとうございました!

RG GK Gloves Japanの詳細はこちら